実証的研究:仮想通貨の平均取引手数料:2020年10月31日

Twitter icon  •  Published 1年前  •  Richard Ramberg

Cryptowisser.comには、世界最大のExchange Listと世界最大の Derivatives Exchange Listがあり、手数料に関するすべての情報が毎月更新されるため、仮想通貨コミュニティのメンバーに対して調査を公開することが当社の義務であると感じています 実際の仮想通貨スポット取引手数料の平均と仮想通貨の契約取引手数料の平均は何でしょう?そのために、このレポートを作成しました。

平均スポット取引手数料

当社の Exchange Listには、364の異なるスポット取引所のテイカーとメーカーの手数料が記載されています。 テイカー手数料は、ゼロ(テイカー手数料として0.00%の取引所が15あります)から1.99%(アメリカの取引所Gemini)までの範囲です。メーカー手数料は-0.10%(PaymiumVALRCryptox)の範囲で、メーカーの場合は注文額の0.10%が支払われることを意味し、1.99%(ここでもアメリカの取引所Gemini)まで支払われます。

市場平均スポット取引手数料は、テイカーが0.213%、メーカーが0.16%です。*

次の棒グラフは、調査におけるスポット取引所間の手数料の割り当てを示しています。

Spot Trading Fees Bar Chart

平均契約取引手数料

取引所リストで取引される契約を提供する37の取引所のうち、テイカー手数料は0.03%(日本の取引所GMO Japan)から0.075%(11の異なる取引所はすべて、契約取引のテイカー手数料として0.075%を請求し、BitMEX はその1つ)の範囲です。

一方、メーカー手数料は-0,025%(12の異なる取引所では、契約取引メーカー手数料として-0.025%)から0.075%の範囲です。メーカーに0.075%を請求する取引所は1つだけでした。英国の取引所Bexplusです。

市場平均契約取引手数料は、テイカーが0.057%、メーカーが0.009%です。**

次の棒グラフは、調査における契約取引所間の手数料の割り当てを示しています。

Contracts Trading Fee Bar Chart

業界大手では平均値と同じ?

仮想通貨取引所の中で業界の大手取引所が平均に沿った手数料を提供しているかどうかという質問への答えは、「一つの」ではありません。競争力のある手数得ようを提供するところもあれば、そうでないところもいます。

ただし、Coinbase Proはメーカーとテイカーの両方から0.50%を請求し、Krakenはテイカーに0.26%、メーカーに0.16%を請求することに留意してください。つまり、Coinbase Proは各スポット取引から1.00%の取引手数料を受け取り、Krakenは0.42%を取りますが、業界平均の手数料を提供する取引所では0.373%(0.213%+ 0.16%)しかかかりません。

契約取引に切り替えると、業界平均からの偏差がはるかに小さいことがわかります。契約取引に関しては手数料レベルの適合性が高いようです。たとえば、OKExはテイカーに0.05%、メーカーに0.02%を請求し、取引所の総利益は0.07%を獲得します。平均的な契約取引手数料を提供する取引所は、わずかに少ない利益(トランザクションごとに請求される合計手数料の0.066%)になります。

まとめ

2017年に、多くの人が、一般的な業界の平均スポット取引手数料は約0.25%であると主張しました。それを正しいと捉えると、手数料は過去3年間でほぼ15%減少しました。

手数料が下がり続けると信じるのは合理的です。分散型取引所の成長もあって、通常、手数料ははるかに低くなります。一元化された取引所間の競争の激化も一因です。

大事なことを言い忘れましたが、仮想通貨がますます「人々の道具」になり、社会に受け入れられるようになるにつれて、取引所の取引手数料が株式市場での普通株の購入に伴う取引手数料に移行する可能性はほとんどありません。これらの手数料は国や機関によって異なりますが、一般的に仮想通貨取引所の平均取引手数料よりも低くなっています。一例として、スカンジナビア最大の銀行Nordeaは、1取引あたり0.06%から請求します。

Cryptowisser.comの目標は、2021年第1四半期の初めとその後の四半期ごとに、平均仮想通貨取引手数料の新しい調査を実施することです。

 

*次の種類の取引所は計算から除外されています。

i)仮想通貨ストアまたはユーザーがビットコインなどを販売するための広告を投稿できるマーケットプレイスなどの、スポット取引を提供していない取引所。

ii)関連する取引手数料に関する明確なデータを見つけることができなかった取引所、および

iii2020108日時点で運用されていなかった取引所。

さらに、計算に使用される取引手数料は、取引量または取引所のネイティブトークンの保有などに基づくすべての割引を常に除外しています。

**上記の*で行われた除外は、仮想通貨契約の取引所ではありますが、必要な変更を加えてこれらの計算に適用されます。

Author

Richard Ramberg

Sign up to our Newsletter

Want to read more amazing articles just like this one? Sign up to our newsletter to get them delivered to your inbox once a week!