crypto.games Banner
Phemex Logo
取引所のレビュー

Phemex


取引所の手数料

Bitcoin Logo 0.00035 出金手数料 • 0.075% テイカー手数料 • -0.025% メーカー手数料

入金方法

Yes Wire transfer Yes Credit Card


サポートしている仮想通貨 (13)

Aave, Algorand, Bitcoin Cash ABC, Bitcoin, Cardano Coin, and 8 more

仮想通貨取引所ガイドは、そこにあるすべての取引所のレビューを提供して、正しいものを見つけられるようにする必要があります。このPhemexのレビューは、基礎情報、手数料、入金方法、セキュリティの4つのパートで構成されています。

Phemexは、2019年11月25日に開始されたシンガポール発の取引所です。これは仮想通貨のスポット取引とデリバティブにフォーカスし、8つの異なる言語(英語、ロシア語、スペイン語、日本語、フランス語、中国語、ドイツ語、韓国語)でサポートしています。

取引所での取引量は、ユーザーにとって非常に重要です。大量の取引量は、多くの場合(常にではありません)、深い流動性と相関します。 プラットフォームでの流動性が深い場合は、売り注文の買い手や買い注文の売り手を見つけるのが難しくないことを意味します。これにより、報告された24時間の取引量に基づいて、Coinmarketcapの世界の取引所リストで50位になりました。このレビューを最後に更新した日(2021年2月5日)に、Phemexの24時間の取引量は9億1,200万USDに増加しました!これにより、取引量においてすべての仮想通貨デリバティブ取引所の中で11位になりました。。

Phemexはなぜそんなに人気になったのか? 自分の目で確かめたほうが良いと思います。 さまざまな理由が考えられます。 ただし、Phemexは独自のウェブサイトで、独自のプラットフォームと、主要な競合2社であるBitMEXとBitfinexと比較しても、そのプラットフォームについて優れたオーバービューを示しています。 こちらがその概要です。

Phemex vs BitMEX上記に基づいて、独自の結論を導き出してみましょう。

2020年3月30日現在、Phemexで金/USDを取引することもできます。 これは、特にボラティリティが高いときにアクセスできる便利なトレーディングペアになる可能性があります。 最大100倍のレバレッジでゴールド/USDを取引できます。

新しい取引所では通例であるように、Phemexは顧客を引き付けるためにさまざまなボーナスも提供しています。 ウェルカムボーナスとして、Phemexは0.2BTC以上のデポジットに対して最大60ドルを提供します。このボーナスは、他の暗号通貨を預けることによっても請求できます。 さらに、Phemexは、500USD相当の1回の注文に対して10ドルのスポット取引ボーナス、5000USD相当の1回のBTC / USD取引に対して10ドルの契約取引ボーナスも提供します。合計で、最大$80ドルのボーナスを受け取ることができます。 これらのボーナスはいつでも変更される可能性があることに注意してください。

その仮想デリバティブ商品の場合、Phemexではレバレッジで取引できます。これは、実際に必要な量の資産を保持しなくても、特定の仮想通貨の価格の増減に対してより高いエクスポージャーを受け取ることができることを意味します。 あなたはあなたの取引を「レバレッジ」することによってこれを行います。 簡単な言葉にいうと、あなたがより多くをベットするために取引所から借りることを意味します。 このプラットフォームでは、最大100倍のレバレッジを得ることができます。

しかし、レバレッジ取引にはリスクを伴います。たとえば、取引アカウントに100USDがあり、BTCが思惑買い(つまり、価値が上がる)場合にこの金額をベットしているとします。その後、BTCの価値が10%増加した場合、10USDを獲得できます。100倍のレバレッジを使用した場合、最初の100USDのポジションは10,000USDのポジションになるため、代わりにさらに1,000USD(取引をレバレッジしなかった場合よりも990USD多くなる)を獲得できます。ただし、使用するレバレッジが多いほど、清算価格までの距離は短くなります。これは、BTCの価格が反対方向に移動した場合(この例では下がる)、最初に100USDすべてを失う確率はごく少ないことを意味します。繰り返しますが、使用するレバレッジが多ければ多いほど、投資を失う反対の価格変動は小さくなります。したがって、ご想像のとおり、レバレッジ取引のリスクと報酬のバランスは絶妙(リスクなしで利益は生めません)なのです。

2020年5月15日、Phemexはスポット取引サービスをリリースしました。 現在、USDTに対して11の仮想通貨を取引できます:BTC、ETH、XRP、LINK、XTZ、LTC、ADA。 TRX、ONT、BCH、およびNEOです。ほぼ毎週追加されます。 資産自体を保持することなく特定の仮想通貨または資産の価格を推測して賭ける契約取引とは異なり、スポット取引は上記の仮想通貨の直接売買です。

Phemexのスポット取引サービスの注目すべき点は、無料モデルを提供していることです。 ほとんどの取引所では、仮想通貨を購入または販売するときに、通常0.10〜0.25%の範囲の手数料を支払う必要があります。 Phemexでは、月額5.80USDのプレミアムメンバーシップを購入できます。 Phemexによると、プレミアムメンバーシップに入会することで大幅に節約できます。

Phemex Premium Membership Zero Trading Fees

このプラットフォームは、デスクトップだけでなく、AndroidおよびApple端末にも対応しています。仮想通貨の世界のほとんどのトレーダー(約70%程度)は、デスクトップで取引を行っています。ただし、そんな人達がスマートフォンからも取引をしたいと思うのは当然のことです。もしそのようなユーザーの1人であれば、このプラットフォームはネイティブのモバイルアプリケーション(BitMEXなどとは異なる)を備えているため、モバイルからでも使用できます。

Phemex Mobile Support

すべての取引所は異なるトレーディングビューを持っています。そして、「このオーバービューはベストです」というものはありません。あなた自身に最も合うトレーディングビューを決める必要があります。ビューすべてに共通する傾向は、オーダーブックの少なくとも一部、選んだ仮想通貨の価格表およびオーダー履歴を表示しています。通常、購入ボックスと販売ボックスもあります。取引所を選ぶ前に、トレーディングビューを見て、自分に合っていると感じられるようにしてください。以下がPhemexのトレーディングビューの画像です。

Phemex Trading View

前述のように、スポット取引に関しては、Phemexはゼロ取引手数料モデルを採用しています。 代わりに、毎月のプレミアムメンバーシップの料金を請求するだけです(価格は30日間で9.99ドル、90日間で19.99ドル、365日間で69.99ドルです)。 プレミアムメンバーになると、条件付きスポットオーダーを設定したり、無制限に1時間ごとに出金を行ったり、友達にトライアルプレミアムメンバーシップを贈ったりすることができます。

契約取引に関して、Phemexは「テイカー」と「メーカー」を区別します。 これらの用語を簡単に説明しましょう。すべての取引は2つの当事者間で行われます。つまり、注文が取引の前にオーダーブックにあるメーカーと、メーカーの注文と一致する(または「取る」)注文を行うテイカーです。注文が市場での流動性を作るため、「メーカー」と呼びます。メーカーは市場で流動性を作り、テイカーがメーカーの注文を自身でマッチングさせることで、流動性を取り除きます。

Phemexでは、注文者はオーダーごとに0.075%が課金されます。これは公平な手数料額です。確かに、契約取引ではさらに低いテイカー手数料を提供する取引所がありますが、はるかに高い手数料を請求する取引所もたくさんあります。

メーカーに関しては、手数料は-0.025%です。 これは本質的に、各メーカーが取引に対して支払いを受けとることを意味します。 明確にするために、あなたが1,000USDでデリバティブ契約を購入する注文のメーカーであるとしましょう。 つまり、1,000USDを支払う代わりに、997.50USDを支払うだけで済みます。 これは確かに非常に競争力があります。

Phemex Premium Membership Zero Trading Fees

当社の理解では、プラットフォームでアカウントから仮想通貨を引き出すときに、Phemexは独自の手数料を請求していません。 したがって、出金の際に考慮すべき手数料はネットワーク手数料だけです。 ネットワーク手数料は、関連する仮想通貨/ブロックチェーンのマイナーに支払われる料金であり、取引所自体に支払われる手数料ではありません。 ネットワーク手数料は、ネットワークの圧に応じて日々異なります。

一般的に、ネットワーク手数料を支払うだけでよいということは、仮想通貨の出金手数料レベルに関しては、世界の業界平均を下回っているとされるはずです。

Phemexはかつて仮想通貨以外の入金方法を受け入れなかったため、新規の投資家はここでの取引を制限されていました。ただし、2020年6月18日以降、同社は、仮想通貨のクレジットカードとデビットカードの購入を受け入れる支払いゲートウェイであるBanxaという会社と提携しました。

それ以降、PhemexはKoinal、Coinify、MoonPay、Mercuryoとも提携しています。 ニーズに合わせて、さまざまな支払いオプション(銀行振込からApple Payまで)とレートがあります。

なぜこれほど多くの取引所が米国市民に口座開設を許可しないのですか? 答えはたった3文字です。 S、E、C(証券取引委員会)。 SECが非常に恐ろしい理由は、外国企業が米国に(SECに)登録されていない限り、米国が外国企業に米国投資家を勧誘することを許可していないためです。とにかく外国企業が米国の投資家を勧誘した場合、SECはこの会社を訴えることができます。 SECが仮想通貨取引所を訴えた例はたくさんありますが、その1つは、未登録の取引所を運営しているとしてEtherDeltaを訴えた場合です。別の例は、ステーブルコインTether(USDT)が投資家を誤解させているとし、Bitfinexを訴えたときでした。 こういったケースがもっと続く可能性が非常に高いです。

Phemexは、米国の投資家がその取引所に参加することを許可していません。 したがって、米国出身で仮想通貨取引をしたい場合は、他の場所を探す必要があります。 幸いなことに、Exchange ListにアクセスしてExchange Filtersを使用すると、米国の投資家を受け入れるかどうかに基づいて取引所をフィルタリングすることができます。