Binance Logo
取引所のレビュー

Binance


取引所の手数料

BTC 出金手数料 0.0005 テイカー手数料 0.10% メーカー手数料 0.10%

入金方法

Yes Wire Transfer Yes Credit Card


限定オファー:このリンクを使用してBinanceにサインアップして、特定のタスクを完了させると、最大100米ドルのサインアップボーナスを受け取ることができます。

どういたしまして!

Binanceは、かつて香港に拠点を置いていた暗号資産取引所で、業界の絶対的な巨大取引所の1つです。2017年7月にローンチされ、暗号資産取引所の取引量に関して、誰もが認めるリーダーにまで成長しました。 

Binance Statistics

Binanceは非常に多くの仮想通貨をサポートしており、その数は数百にのぼります。これにより、当社のCryptocurrency Exchange Listでは、サポートされている仮想通貨の数が最も多い取引所の1つです。見たところ、プラットフォームにも何らかの形の品質保証システムがあります。このシステムにより、リストに掲載される資格があるプロジェクトでも、後でその資格要件を満たさなくなれば、そのプロジェクトは確実にリストから除外されます。

Binanceがサポートしている仮想通貨をすべて見るには、このページをご覧ください。

Binance Promo Pic

2019年9月17日、Binanceは先物取引を正式に開始しました。 先物はオプション契約とも呼ばれます。 オプション契約は、オプションの保有者に、特定の資産を特定の価格で購入(コール・オプション)または売却(プット・オプション)する権利を与える契約ですが、義務ではなく任意です。特定のオプションは、いつでも(契約の満了前に)オプションを行使する権利を与え、他のオプションは特定の日付の間にのみ行使することが許可されます。 前者はアメリカン・オプションとして知られており、後者はヨーロピアン・オプションとして知られています。

ここでは、永久先物と四半期先物の両方を取引できます。 以下に、そのような契約カテゴリーごとに請求される料金と、VIPレベル(0〜9)によってどのように変化するかを示します。

先物取引に対して、Binanceからの手数料は業界平均を少し下回っています。当社調べによると、標準なテイカー手数料が0.075%、名家―手数料が0.025%です。

このリンクにサインアップして、先物取引の取引手数料の10%を永久にセーブしましょう。

Binance Futures Fees

Binanceユーザーは、2つの異なるオルタナティブ取引から選択する機会があります。最初のものはベーシック(基本)と呼ばれ、より詳細なテクニカル分析に関心のある人には、アドバンスド(応用)バージョンほどには適していません。しかし、どちらも非常に使いやすいとは言えません。ベーシックバージョンのトレーディングビューは次のようになります。

Binance Basic Trading View

画像から分かる通り、ベーシックのトレーディングビューは非常に単純で、本質的に理解しやすいものです。重要な情報のほとんどが1つのページに含まれています。価格は左側、グラフは中央(購入オプションと販売オプションあり)、履歴は右側です。       

アドバンスドバージョンのトレーディングビューはこのようになります。

Binance Advanced Trading View

アドバンスドバージョンでは、チャートはが多くのスペースを占めます。ベーシックバージョンと同様に、取引履歴は右端にあります。ただし、購入ボックスと販売ボックスは、右下隅ベーシックバージョンでは下部中央)にあります。もちろん、どのトレーディングビューが最も適しているかを決めるのは自分次第です。

2020年4月14日のユーザーへのメールで、BinanceはOTCデスクのリリースを発表しました。 OTCトレーディングポータル(OTCはOver The Counterの頭文字)を使用すると、「スリッページ」のリスクなしに、より大きな取引を実行できます。スリッページとは、大規模なトランザクションによる価格変動と呼ばれます。

このOTCトレッキングポータルでは、取引手数料や迅速な決済はありません。 OTCトレーディングポータルの最小取引規模は10,000 USDT相当で、最初は25種類のコインとトークンを取引に使用できます。取引を開始するには、ユーザーはBinance.comでKYC認証済み(レベル2)アカウントを所有している必要があります。

Binanceは米国の投資家による取引を長い間受け入れてきました。しかし、2019年6月13日、Binanceはアメリカ版の取引プラットフォームを立ち上げることを発表しました。同じ年の後半には、Binance.USがローンチされました。

Binance.USは、このレビューで紹介するBinanceとは別の会社です。Binance.USは、米国で認可および取締されているデジタル資産のマーケットプレイスです。そのプラットフォームは、米国人の過疎通貨へのアクセスを拡大するという使命のもと制作され、2020年11月に、同社は最近、「米国全体にカバレッジを拡大するためにたゆまぬ努力をしている」とされる42番目の州を追加しました。Binance.USは、40以上の仮想通貨、100以上の取引ペア、6つのステーキング・コインを提供し、最近開始されたSEN統合を提供して、機関投資家を支援します。

Binanceには、「Binance貸付商品」と呼ばれるものがあります。これらを使用して、特定の資産を特定の期間ロックし、ロックされた資産の利息を受け取ることができます。2019年9月19日、Binanceは14日間の定期貸付商品をリリースしました。この商品では、資産をたった14日間ロックすることで利息を得ることができます。以下は、14日間のBNB、BTC、およびUSDTトークンのロックに関するいくつかのリターン値を示しています。

14 Day Lock In Numbers

この取引所には、あらゆる面で非常に強力なチームがあります。 BinanceのCEOは、実際には(Satoshi NakamotoやVitalik Buterinと共に)仮想通貨業界の最前線の人物の1人です。

Changpeng Zhao

どの取引所での手数料も、考慮すべきとても重要な点です。すべての取引は2つの当事者間で行われます。つまり、注文が取引の前にオーダーブックにあるメーカーと、メーカーの注文と一致する(または「取る」)注文を行うテイカーです。注文が市場での流動性を作るため、「メーカー」と呼びます。メーカーは市場で流動性を作り、テイカーがメーカーの注文を自身でマッチングさせることで、流動性を取り除きます。メーカー/テイカーモデルは、市場流動性を促進します。これは、流動性を提供するメーカーが、テイカーと比較して手数料割引を受けることが多いためです。

テイカーとメーカーの間で異なる手数料を請求しないトップの仮想通貨取引所もいくつかあります。通常、当社はそのような取引所の取引手数料を「フラット」と呼んでいます。

Binanceは0.10%のフラット手数料を提供します。したがって、Binanceはあなたがテイカーであるかメーカーであるかを気にしていません。オーダーブックから既存の注文をピックアップすることを好む投資家にとって、これは魅力的な手数料モデルかもしれません。Binanceの取引手数料は、業界平均といわれる約0.25%をはるかに下回っています。

取引手数料は、下の表に示すように、取引量とBinanceのネイティブトークンであるBNBの保有に基づいて減少します。

Binance Trading Fees

出金手数料は通常固定されており、仮想通貨間によって異なります。BTCを出金した場合は、少額のBTCを支払うことで出金できます。ETHを出金した場合は、ETHを支払います。

Binanceでは、0.0005BTC出金当たりのBTCの手数料がかかります。これは、世界の業界平均(このレポートによると0.00059BTC出金当たりのBTC)を下回っており、かなり競争力があります。

以前は、Binanceは仮想通貨の入金のみを受け入れ、法定通貨による入金は受け入れませんでした。新規の仮想通貨投資家はBinanceで取引できませんでした。ただし、取引所は2019年1月31日に、特定の状況下でクレジットカードによる入金が可能になったことを発表しました。

この取引所は、イスラエルの決済サービス会社「Simplex」と提携しました。これにより、BinanceユーザーはVisaまたはMasterCardなどのクレジットカードで暗号資産を購入できるようになります。ただし、制裁リスト(イラク、北朝鮮、シリア、アフガニスタン、リビアなど)の国では、この入金方法は使用できません。 また、次の6つの米国州の居住者も使用できません。ニューヨーク州/コネチカット州/ワシントン州/ニューメキシコ州/ジョージア州/ハワイ州です。

Simplexは取引ごとに3.5%を請求します。したがって、ビットコインを10,000USDで購入したい場合、Simplexは購入を有効にするために 350USD(プラス10USDの最小フラット手数料)を受け取ります。

Binance Credit Card Payments

Binanceは、ユーザーがVisaカードを自分のアカウントに紐づけ、このカードを使用してBinanceプラットフォームで直接仮想通貨を購入(おそらくSimplexを使用し、手数料3.5%を支払う必要はありません)できるようになったことをシェアしました。現時点では、これはEEAで発行されたVISAカードにのみ適用され、次の国のカード所有者にのみ適用されます:英国、ドイツ、フランス、オランダ、ポーランド、スウェーデン、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス共和国、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー。

また、2020年7月9日には、電信送金も利用できることが発表されました。これは、Clear Junctionという会社とのパートナーシップによって実現されました。このパートナーシップを通じて、BinanceはSEPA経由での直接EUR銀行振込と、Faster PaymentsによるGBP振込を受け付けています。