crypto.games Banner
Published 1年前 • 2 minute read

・暗号化トレーディングボットの使い方

トレーディングボットとは?

この記事では、トレーディングボット、特に暗号化トレーディングボットの概要を説明します。簡単に言えば、トレーディングボットとは、一連の指示に基づいて取引を行うコンピュータープログラムです。シンプルですよね。トレーディングボットとアルゴリズム取引は、伝統的な株式市場で非常に普及しており、米国で行われるすべての取引の約70%を実行します。

仮想通貨の世界では、ボットはMt.Goxの時代から存在しています。 そして時が経つにつれ、ますます進歩しています。一部の取引所は、いわゆる「高周波」トレーダー(クリプトボット)の高速接続速度をアドバタイズしているだけで、わずか数ミリ秒の速度の優位性を数百万USDに変えることができます。ナスダックによって買収された金融テクノロジー企業であるCinnoberで、仮想通貨とブロックチェーンのスペシャリストとして以前働いていたEric Wallは、こう言いました。「トレーディングボットは、ビッグビジネスであり、私が話をした取引所を運営するすべての人がウォールストリートタイプから(誰よりも早くトレーディングボットを手にすることを求めて)アプローチされていると言及していました。」

暗号化ボットは、数百万USDの大規模な機関投資家だけでなく、デイトレーダーや小規模投資家も、大きなクジラ(大企業)と同じ戦略を利用して利益を得ることができます。要約すると、暗号化トレーディングボットは、不安定な仮想通貨市場で優位に立つことを目指しているさまざまなタイプの投資家によって使用されています。

トレーディングボットの仕組みに関する要点

大半の暗号化トレーディングボットは次の3つのメインパートに分けられます。

  • 信号発生器
  • リスク配分
  • 実行

これら3つの要素について、もっと詳しく見ていきましょう。

信号発生器

これは、ボットが予測を行い、潜在的な取引または裁定取引のチャンスを特定する場所です。データは信号発生器に送られ、テクニカルアナリシス、ファンダメンタルアナリシス、またはその他の方法を使用して、推奨を購入または販売します。信号発生器は、実際にはトレーダーが通常手動で行う分析または機会の調査方法を自動化することを目的としているため、大規模に実行できます。

リスク配分

暗号化トレーディングボットのこの部分は、買いまたは売りの推奨を受け取り、この取引に割り当てる資本の量と、取引を1つのブロックで購入するか、平均するかを決定します。

実行

これは、実際に仮想通貨を売買する部分です。市場を動かしたりタイミングを間違えたりして不利な価格にしたくないので、この実行は難しいです。

暗号化トレーディングボットの各部分(信号発生器、リスク配分と実行)には、独自のアルゴリズムと最適化プロセスが必要です。各コンポーネントは、収益性の高い取引の実行に不可欠です。

なぜ人間よりボットなのか?

人間よりも暗号化トレーディングボットを選ぶ理由は4つあります。

  1. スピードボットは人間よりもはるかに速く操作できます。ボットは、人間が実行するのにかかる時間の何分の1かで、数百または数千の取引を実行できます。ターミネーターが未来のマシンの性能でサラ・コナーを執拗に追跡することを考えてみてください。それは、利益を追求するために、よく構成された暗号化トレーディングボットのようなものです。
  2. 持久力:暗号化トレーディングボットは、年中無休で24時間稼働できます。人間は睡眠と食事が必要で、時には数分だけreddit(アメリカのニュースサイト)を見るはずが、1時間立っていた、なんてこともあります。比べるまでもなく、持久力ついてはボットに軍配があがります。
  3. 容量:暗号化トレーディングボットは、毎秒数百ギガバイトのデータを処理し、すべての取引推奨を吐き出すことができます。人間では、数字を調べるのに時間がかかり、同じタイムフレームでボットと同じ量のデータを処理することはできません。
  4. 感情:暗号化トレーディングボットは、空腹や怒り、恐怖や欲によって動かされることはありません。条件に関係なく、プログラムされたとおりに機能します。自分の感情に動かされ、そのために大きな間違いをしてしまう人とは異なります。

なぜボットを使って取引する必要があるのか?

深夜に冷汗で目が覚め、突然の価格急落がアカウントを荒らしていないことを確認するためにクリプトウォレットを必死にチェックしたことがありますか?

スマートフォンを手に取って、購入しようとしている仮想通貨をチェックしたら、すごい勢いで価格が上昇しているのを見たことがありますか?

仮想通貨の世界は非常に不安定であり、起きている間は常にニュースに集中し、価格の変動で取引したとしても、すべてを把握することはできません。24時間年中無休(眠っている間も)でスマートトレードを行う方法を探しているのであれば、暗号化トレーディングボットを手に入れる必要があります。

基本的に、人々がトレーディングボットを使用する主な理由は2つあります。 1つは、ボットを単純な自動化マシンとして使用することです。これにより、いくつか例を挙げると、ポートフォリオの多様化、インデックスの構築、ポートフォリオの再調整などのルーチンタスクを簡単に実行できます。

この最初の例では、ボットは、既存のプロセスを自動化して追加のリターンを提供するという明確な目標なしで使用されます。ただし、暗号化トレーディングボットの2番目の主な用途は、市場で勝ち、一貫した利益を生み出すメカニズムです。これには、売買だけでなく、より高いレベルの戦略を実行するトレーディングボットが必要です。

市場で勝つのは、あなたが考えるほど難しくない

ボットを使用して市場に勝つことは、小規模デイトレーダーとしてどのようにすれば可能なのか疑問に思うかもしれません。ただし、個人トレーディングボットが大きな機関投資家よりも優位に立つことはまず可能なのだと知っておく必要があります。

この理由の1つは、市場が小さいことです。個人投資家は、大規模なプレーヤーには小さすぎる市場で事業を行うことができます。個人の暗号化ボットに利点があるもう1つの理由は、市場へのインパクトです。多額の資本が市場に影響を与える可能性があるという事実により、収益性の高い戦略は消えることがあります。個人投資家は、市場を動かす可能性のある多額の投資をしないため、一般にこれらの問題に対処しません。個人の暗号化ボットに利点がある最後の理由は俊敏性です。機関投資家の資金は戦略のピボットが遅く、リスクの高い戦略を試すのをためらいます。個人投資家は、自己資金なので派手にいけます。

ノウハウがあれば、暗号化トレーディングボットの設定はそれほど難しくありません。コンピューターがアルゴリズムを理解して取引を実行できるように、アルゴリズムをコードに書き込む必要があります。これには、Python、Nodejs、C ++、Javaなどのコーディング言語を理解する必要があります。ただし、条件を入力して難しいコーディングをあまり気にする必要がない、優れたグラフィックインターフェイスを備えたサービスもあります。

ボットを市場にコネクトするときは、暗号化トレーディングボットを取引所に紐づけるために、API(アプリケーションプログラミングインターフェイス)を介して取引を提供する取引所を選択する必要があります。SimexBinanceなどの主要取引所がAPIを提供しているのは、このためです。

暗号化トレーディングボットと通常のボットとの違いは?

暗号化トレーディングボットは最近かなり進歩しています。現在の取引ボットの本当にすばらしい点の1つは、自分でホストできることです。多くの既成の暗号ボットを使用すると、パーソナルコンピューターまたは専用のクラウドサービスを介して、自分で暗号トレーディングボットをホストできます。

ホストされているソリューションの1つは、仮想通貨の売り手であるProfitTrailerです。彼らの製品は、あなたに代わって取引を実行するインテリジェントな仮想通貨トレーディングボットです。ProfitTrailerは、Binance、Bittrex、Huobi、KuCoin、およびPoloniexでの取引に利用できます。プログラムは操作が非常に簡単ですが、進むにつれてさらに複雑になります。「Loss」や「Gain」などの簡単な設定から始めることも、プラットフォームで利用可能なあらかじめ決められたたくさんのトレーディング戦略の1つを使用することもできます。ボットはMac、Windows、Linux OSと互換性があります。わからない場合は、1か月だけ登録して、効果があるかどうかを確認できます

独自の暗号化トレーディングボットの運用に興味はあるが、アルゴリズムとトレーディングプラットフォームにお金をかけたくないのならば、無料で利用できるオープンソースのトレーディングボットがたくさんあるので心配はありません。GitHubがおそらくそれらを見つけるにはベストで、最も人気のいくつかはこちらから確認できます。ccxt algo最も人気のあるものですが、Crypto-Signalも勢いを増しています。

これらのプラットフォームは無料で使うことができ、多くの場合、独自のアルゴリズムと取引戦略が含まれます。しかし、無料のオープンソースなので、大金を支払う前にその戦略が実際に機能するかを確認しましょう。

トレーディングボットの設定

それでは、これで暗号化トレーディングボットの簡単な講座が完了したので、独自のボットをゼロから起動するために必要なすべての手順を説明します。心配いりません。コーディングが難しそうなら、コーディングに対応するオープンソースソフトウェアを購入または見つければ、ボットを制御することができます。以下が、トレーディングボットの設定方法です。

ステップ1) 取引所でアカウント作成

アカウントの作成は、かなり簡単なタスクです。ただし、取引所ごとに新しいアカウントを設定するための要件が異なることに注意してください。一部の取引所は非常に厳しく、取引を可能にするためにはたくさんのドキュメントと認証を必要とします。これらのドキュメントを送ることは、退屈で面倒な作業です。どうしても取引したいのならば、すべての取引所で審査されるまでにかかる時間を考慮してください。したがって、もし書類や身分証明書に行き詰ってしまっても、「警告してくれなかったじゃん」なんて言わないでください!

ステップ2APIキーを取得

暗号化トレーディングボットの構築を始める前に、どのAPIを扱っているかを知る必要があります。 API(アプリケーションプログラミングインターフェース)を使用すると、ボットは取引所にアクセスして仮想通貨を取引することができます。ほとんどの取引所では、この方法でアカウントにアクセスできます

取引所が選んだオープンソースでサポートされていることを確認してください。各取引所のAPIは完全に同じではないため、異なるインプリメンテーションが必要です。より大きな取引所だと、非常にラッキーです。たとえば Binanceは、ほとんどのオープンソースとホストされたボットでサポートされています。

ステップ3)プログラミング言語の設定

次に、ボットで実装するプログラミング言語を決定する必要があります。 Python、JavaScript、C ++は、暗号化トレーディングボットで最も人気のある言語です。もしくは、プログラミングをしない場合は、優れたオープンソースボットを見つけるか、連動したい取引所と互換性のあるボットを購入することができます。

ステップ4)ボットの取引モデルを選ぶ

このフェーズでは、ボットが使用する取引モデルを選択する必要があります。裁定取引、トレンドフォロー、マーケットメイキングなど、たくさん選択肢があります。モデルがシンプルであるほど、設定がより簡単で早くなります。理論上は、より複雑なモデルが魅力的であるように見えるかもしれませんが、洗練されたアルゴリズムの方が、よりシンプルなボットよりも必ずしも優れているわけではありません。すべては、市場で何が起こるかしだいなのです。

ステップ5)ボットのアーキテクチャを選ぶ

暗号化トレーディングボット用のアーキテクチャを決めることは非常に重要です。それはボットがどれだけうまく機能するかを決めてしまうからです。ボットのアーキテクチャは、そのコード、具体的にはそのアルゴリズム(特定の一連の基準が与えられた場合に何を実行するかを指示する部分)を示すための派手な方法にすぎません。アルゴリズムを支える数学的モデルはしっかりしている必要があります。そうでないと、ボットの信頼性が低下し、さらに最悪の場合は損をしてしまうリスクがあります。

ステップ6)作成する

ボットの素案がすべて整ったので、今度はすべての部分をまとめます。 

アルゴリズムをコード化し、APIをプラグインして、システムの問題を解決し、ボットをセットアップしてトレードの準備をします。

ステップ7)テストする

テストは2つの理由で重要です。まず、ボットが意図したとおりに機能していて、ボットに送られる各種データを処理できることを確認します。この段階では、モデリングエラー(オーバーフィットなど)を解析し、ボットが円滑に動作することを確認する必要があります。

テストが重要である2番目の理由は、ボットを微調整できることです。テストを行うと、ボットを最適化して、望みどおりに動作させることができます。

ステップ8)ライブデプロイメント

APIキーを取得し、プログラミング言語を選択し、取引所で必要なすべてのアカウントを作成し、取引モデル、ボットのアーキテクチャを選択し、ボットを作成、テスト、デバッグしたら、ついにこのモンスターに息吹を吹きこむ準備が整いました。さて、新しいシステムを完全に最適化するには時間がかかるのでうんざりしているので、ボットをオンにした翌日には、お金でいっぱいのプールで泳げる!なんてことは期待しないでください。物事を最適化するには時間がかかります。ボットを常にモニターして、最初に設定したときに正しく動作していることを確認してください。徐々に信頼でき始めると、常に見張らなくても大丈夫に感じてくるでしょう。

結論

この記事では、トレーディングボットとは何かを説明しました。これは、一連の指示に基づいて取引を行うコンピュータープログラムです。また、その仕組みを信号発生器、リスク配分、実行に分類して説明しました。また、取引に関してボットが人間よりも優れている理由、取引にボットを使用する必要がある(そして絶対に使用する必要がある)理由、および暗号化トレーディングボットの違いについても学びました。最後に、この目的のためのトップ取引所の一つであるBinanceでの暗号化トレーディングボットの設定方法についてまとめました。

ソース:

https://towardsdatascience.com/crypto-trading-bots-a-helpful-guide-for-beginners-60decb40e434 

https://www.experfy.com/blog/the-future-of-algorithmic-trading 

https://www.devteam.space/blog/how-to-build-a-crypto-trading-bot/#3

コメント

まだコメントがありません。会話を始めましょう!