crypto.games Banner
IDEX Logo
取引所のレビュー

IDEX

Thank you for rating!

取引所の手数料

Ethereum 0.0007 出金手数料 • 0.20% テイカー手数料 • 0.10% メーカー手数料

入金方法

No Wire transfer No Credit Card Yes Cryptocurrency

サポートしている仮想通貨 (333)

0chain Token, 0x Protocol, 0xBitcoin Token, 0xcert Token, Aave, and 328 more

仮想通貨取引所ガイドは、そこにあるすべての取引所のレビューを提供して、正しいものを見つけられるようにする必要があります。このIDEXのレビューは、基礎情報、手数料、入金方法、セキュリティの4つのパートで構成されています。

IDEXは2016年10月にローンチされた「分散型取引所:  DEX」です。

IDEXは、リアルタイム取引をサポートする最初のイーサリアムベースの分散型スマートコントラクトエクスチェンジです。 それは最も先進的なイーサリアムDEXであると主張しています。指値注文と成行注文、ガスフリーキャンセル、一度に多くの取引を処理する機能をサポートしています。

取引所は、スマートコントラクト、取引エンジン、および「トランザクション処理アービター」で構成されています。 スマートコントラクトは、すべての資産の保存とトレード決済の実行を担当します。 ユーザーは、ユーザーの秘密鍵を使用してすべての取引を確認する必要があります。

他のほとんどの分散型取引所とは異なり、IDEXは、取引所がイーサリアムに署名済み取引を送信することのみを許可するスマートコントラクトを構築しています。これにより、取引所はトランザクションの処理オーダーを制御し、取引の行為と最終的な決済を分離できます。ユーザーが取引すると、取引所はリアルタイムで更新のバランスを取りながら、同時に契約での取引の承認に使用される秘密鍵を使用します。この承認により、ユーザーは完了した取引を取り消すことができず、取引所が不正な取引を開始するのを防ぐことができます。

プラットフォームは、英語、スペイン語、ロシア語、韓国語、ベトナム語、中国語(北京語)で利用可能です。

この取引所では、米国の投資家は取引禁止としてリストされていませんが、米国の投資家は、居住または市民権から生じる問題について、独自に独自の評価を行う必要があります。

2019年7月17日、このプラットフォームの24時間の取引高は170万USDでした。 これは特に印象的な取引量ではありません。しかし、Coinmarketcapによると、このレビューを最後に更新した日(2020年3月31日、COVID-19クライシスの真っ只中)の取引量は、 316,725USDまで下がっていました。 この取引量はかなり少ないです。 ですから、もしあなたが深い流動性を求めているなら、ここは適した場所ではありません。

すべての取引所は異なるトレーディングビューを持っています。そして、「このオーバービューはベストです」というものはありません。あなた自身に最も合うトレーディングビューを決める必要があります。ビューすべてに共通する傾向は、オーダーブックの少なくとも一部、選んだ仮想通貨の価格表およびオーダー履歴を表示しています。通常、購入ボックスと販売ボックスもあります。取引所を選ぶ前に、トレーディングビューを見て、自分に合っていると感じられるようにしてください。以下がIDEXのトレーディングビューの画像です。

IDEX Trading View

すべての取引は2つの当事者間で行われます。つまり、注文が取引の前にオーダーブックにあるメーカーと、メーカーの注文と一致する(または「取る」)注文を行うテイカーです

IDEXのテイカーの取引手数料は0.20%です。 この手数料は、世界の業界平均をわずかに下回っています。 世界の業界平均はおそらく0.25%前後です。IDEXは、0.10%で取引するメーカーにも割引を提供します。これは、オーダーブックから既存の注文をピックアップすることに興味がなく、むしろメーカー注文で「go fishing」を好む投資家にとって特に有益です。

IDEXは以前、サイトに「トークンを引き出す場合、手数料は過去10回の取引のトークン/ ETH為替レートを使用して計算されます。」と書いていました。ただし、当社の理解では、仮想通貨を出金した場合にのみ取引所がネットワーク手数料を請求するようになりました。 これは、仮想通貨の業界平均よりも消費者に優しい出金手数料モデルです。

IDEXは仮想通貨以外の入金方法を受け入れないため、新規の仮想通貨投資家が実際にこの取引所で取引することはできません。 仮想通貨を持たないがここで取引を開始したい場合は、最初に別の取引所から仮想通貨を購入する必要があります。

分散型取引所のサーバーは通常、世界中に広がっています。 これは、通常はサーバーが集中している集中型取引所とは異なります。 このサーバーの分散により、サーバーのダウンタイムのリスクが低下し、分散型の取引所が事実上攻撃の影響を受けなくなることも意味します。これは、サーバーの1つを取り出しても、サーバーのネットワーク全体に違いはほとんどない、もしくはまったくないためです。 ただし、集中型取引所でサーバーに侵入した場合、さらに多くの害を及ぼす可能性があります。

また、分散型取引所で取引を行う場合、取引所自体が資産に触れることはありません。 したがって、ハッカーが何らかの形で取引所をハッキングできたとしても(上記にかかわらず)、ハッカーは資産にアクセスできません。ただし、集中型取引所で取引を行う場合は、通常、資産をプライベートウォレットに引き落とすまで、その取引所で資産を保持します。 したがって、ハッカーは集中型取引所をハッキングし、そのような取引所で保持されている資金を盗むことができます。