Coindeal Logo
取引所のレビュー

Coindeal


取引所の手数料

BTC 出金手数料 0.00075 テイカー手数料 0.39% メーカー手数料 0.29%

入金方法

No Wire Transfer No Credit Card


Coindealはマルタ島(登録オフィスはVilla Malitah Mediterranean Street、The Village St. Julians STJ 1870 Malta)の仮想通貨取引所です。 この取引所は2018年3月にローンチされましたが、すでに世界市場で人気があります。ただし、2021年2月18日の時点で、CoinDeaは、ヨーロッパでの規制変更が予定されているため、代わりにセントビンセントおよびグレナディーン諸島に本社を登録しました。

この取引所のバックにある企業(CoinDeal Limited)に関する情報はたくさんあります。 また、取引所を実行している創設者に関する情報(写真を含む)もたくさんあります。AdamBiczとKajetanMaćkowiakです。取引所を運営する企業と取引所の担当者に関する広範な情報があると、当社の意見ですが、ある程度の快適さを感じます。CoinDealは、Wolverhampton Wanderersというスポーツチームにスポンサーシップを提供する非常に数少ない仮想通貨取引所の1つでもあります。仮想通貨取引所がこのようなプロモーションを行うとき、それは一般市民の間での仮想通貨の利用を促進するのにも役立つと考えているので、当社はこれを称賛します。

Coindeal Wolverhampton

Coindealは、20以上の仮想通貨での取引を提供しています。 これは、国内の競合他社のMBAEXが提供する以上のものです。 ここでは最大の仮想通貨のすべてといくつかの小さい仮想通貨を取引することができ、常に仮想通貨を追加し続けています。

他の多くの暗号資産取引所と同様に、CoinDealも日々の取引量の大幅な変動を目の当たりにしています。2018年11月6日に初めてこのレビューを書いたときの取引額は約3,000万米ドルでした。これにより、CoinDealは、取引所のトップ50に入ることができました。本レビューを最後に更新した日付(2021年12月2日)、取引量は1800万米ドルでした。

2019年11月7日、取引所は、インディアナ州、アイダホ州、カンザス州、モンタナ州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州、ペンシルベニア州、テネシー州、テキサス州、バージニア州、ウィスコンシン州、およびワイオミング州から米国の投資家に開放されることを発表しました。Coindealの目標は、2020年末までに米国の40を超える州で取引所を利用できるようにするために必要なすべてのライセンスを積極的に取っていくことです。

すべての取引所は異なるトレーディングビューを持っています。そして、「このオーバービューはベストです」というものはありません。あなた自身に最も合うトレーディングビューを決める必要があります。ビューすべてに共通する傾向は、オーダーブックの少なくとも一部、選んだ仮想通貨の価格表およびオーダー履歴を表示しています。通常、購入ボックスと販売ボックスもあります。取引所を選ぶ前に、トレーディングビューを見て、自分に合っていると感じられるようにしてください。以下がCoindealのトレーディングビューの画像です。

Coindeal Trading View

このプラットフォームのテイカーの取引手数料は0.39%です。 この手数料は、世界の業界平均と国内の業界平均の両方をわずかに上回っています。 世界の業界平均はおそらく0.25%前後です。割高な手数料という不利な点を上回るような強力なオファーをCoindealが提供しているかを検討する必要があります。

トレーダーにとっての1つの慰めは、メーカー手数料が0.29%であること(すなわち、テイカー手数料と比較して10数パーセント割引)です。 また、取引所独自のトークン(CDLトークン)を150,000以上購入して賭けても構わない場合は、0.025%の支払い手数料のみを支払い、メーカーの手数料は一切必要ありません。本日、2019年7月2日、取引所は多数のCDLトークンを提供します。この取引所が興味深く、低い取引手数料を利用したい場合は、今がアクションを起こす時かもしれません。

Coindeal CDL Give Away

出金手数料は取引所間で大きく異なります。 ほとんどの取引所には、仮想通貨ごとに異なる固定手数料があります。 ただし、出金手数料に基づくパーセンテージを持つ取引所もあります。 後者は、たとえば出金手数料の出金金額の0.20%の出金手数料など、あなたが支払うことを意味します。

CoinDealは、1と3で始まるアドレスのBTCを出金すると、0.0008 BTCを請求します。これはまだ許せる手数料であり、他にはもっと高い手数料を課す取引所がたくさんあります。 ただし、さらに競争力があるのは、BC1(Native Segwite、BECH32)で始まるCoinDealのBTCアドレスのBTC出金手数料です。 これらのアドレスの場合、CoinDealはBTCの引き出しごとに0.0004BTCのみを請求します。 業界平均はBTC出金あたり約0.0006BTCであるため、これは非常に競争力のある手数料です。

CoinDealでは、以前は電信送金とクレジットカードの両方で入金を行うことができました。これは、特に新規の仮想通貨投資家にとってありがたいことです。

ただし、2020年11月25日にユーザーに送信されたメールの中で、プラットフォームは、法定通貨による入出金をもう提供しないことを発表しました。法定通貨による選択肢を取りやめる理由は明言していませんが、プラットフォームが満たす必要があるが満たすことができない、または満たしたくない新しい規制要件に関係していると想定しています。