crypto.games Banner
Currency.com Logo
取引所のレビュー

Currency.com


取引所の手数料

Bitcoin Logo 0.0005 出金手数料 • 0.20% テイカー手数料 • 0.20% メーカー手数料

入金方法

Yes Wire transfer Yes Credit Card


サポートしている仮想通貨 (9)

Bitcoin Cash ABC, Bitcoin, ChainLink Coin, Compound Coin, Ethereum, and 4 more

ここだけ情報:こちらのリンクからサインアップすると、取引最初の3カ月間は手数料10%割引を受け取ることができます。

仮想通貨取引所ガイドは、そこにあるすべての取引所のレビューを提供して、正しいものを見つけられるようにする必要があります。このCurrency.comのレビューは、基礎情報、手数料、入金方法、セキュリティの4つのパートで構成されています。

Currency.comは仮想通貨取引所であるだけでなく、「トークン化された証券取引所」と呼ばれています。トークン化された証券取引所とはどういうことでしょうか?簡単に言えば、トークン化された証券とは、トークン化された、つまり暗号化された非暗号資産です。たとえば、Currency.comでは、仮想通貨を引き出して法定通貨に交換することなく、Tesla、Facebook、Netflix、Appleのトークン化された株を取引できます(またはインデックスをシェアすることもできます)。これは、特に税務の観点から、多くの点で有利です。

 

Currency.com Tokenized Shares

標準的な仮想通貨については、3大仮想通貨のビットコイン、イーサリアムとライトコインを取引できます。

Currency.comはベラルーシ発で、Exchange List上では、その国で唯一の取引所です。プラットフォームは、ヨーロッパのブロックチェーンレギュレーターであるベラルーシのHigh Technology Parkによって規制されています。

こちらの取引所は、米国の人は利用できません。また、次の国の人も利用できません:ボツワナ、バハマ、カンボジア、ガーナ、朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)、エチオピア、イラン、スリランカ、シリア、トリニダードトバゴ、チュニジア、イエメン、パキスタン、バミューダ。あなたが上記の国の居住者または市民であっても、心配しないでください。Exchange Finderを使って、あなたのような投資家を受け入れている取引所を見つけましょう

すべての取引所は異なるトレーディングビューを持っています。そして、「このオーバービューはベストです」というものはありません。あなた自身に最も合うトレーディングビューを決める必要があります。ビューすべてに共通する傾向は、オーダーブックの少なくとも一部、選んだ仮想通貨の価格表およびオーダー履歴を表示しています。通常、購入ボックスと販売ボックスもあります。取引所を選ぶ前に、トレーディングビューを見て、自分に合っていると感じられるようにしてください。以下がCurrency.comのトレーディングビューの画像です。

Currency.com Trading View

高度な機能がすべて備わっているため、このトレードビューから「物足りない」と感じるはずはありません。

このプラットフォームでは、レバレッジで取引することもできます。レバレッジを使用した取引とは、他の方法では手にできないポジションを取得することを意味します。たとえば、1,000USDあり、10倍のレバレッジで取引している場合、これは10,000USDを何かにベットすることができることを意味します。Currency.comでは、以下のレバレッジレベルまで取引することができます。

トークン化された株式:最大20倍

仮想通貨:最大10倍

トークン化されたコモディティ:最大100倍

トークン化されたインデックス:最大100倍

Currency.com Leveraged Trading

レバレッジ取引は大きなリターンにつながる可能性がありますが、大きなロスにもつながる可能性があることに注意しなければなりません。たとえば、取引アカウントに10,000 USDがあり、BTCが思惑買い(つまり、価値が上がる)場合に100 USDをベットしているとします。レバレッジ100倍で行います。BTCの価値が10%増加した場合、100USDしかベットしていなかった場合、10USDを獲得します。100倍のレバレッジで100USDをベットすると、さらに1,000USD(レバレッジしなかった場合よりも+990USD)を稼ぐことになるのです。

ただ一方で、取引アカウントに10,000 USDがあり、BTCが思惑買い(つまり、価値が上がる)場合にBTCの価値が10%値下がりすると、1,000USD(レバレッジしなかった場合よりも+990USD)逆に損してしまいます。よってご想像の通り、リターンは大きいですが、ロスも大きい可能性があるのです。この特定のプラットフォームでは、巨額の損失リスクは、ストップロス注文と「マイナス残高保護」の2つによって制限されます。したがって、実際にレバレッジトレーダーにとってはある程度の快適ではありますが、当然ながらレバレッジを使用した取引には依然としてリスクがあります。

多くの取引所は、テイカーからのテイカー手数料と呼ばれるもの、およびメーカーからのメーカー手数料と呼ばれるものを請求します。テイカーは、すでに出された注文を受け入れることによってオーダーブックから流動性を取り除く人です。メーカーはその注文をする人です。これに対して主な代わりとなるのは、シンプルに「フラット」手数料です。フラット手数料とは、取引所がテイカーとメーカーに同額の手数料を請求することです。

Currency.comはフラット手数料を提供しています。プラットフォームは、テイカーとメーカーの両方に0.20%を請求します。世界の業界平均は、長い間約0.25%でした。現在、多くの取引所が取引手数料をさらに引き下げ始めていますが、Currency.comの取引手数料は依然として世界の業界平均と一致していると言っても過言ではありません。

こちらのプラットフォームでは、BTCを出金する際、0.0005 BTCの出金手数料を請求します。業界平均はBTCの出金あたり0.000812 BTCであるため、これは業界平均を大幅に下回っています。したがって、この取引所の引き出し手数料は業界平均よりも約40%低いということです。

概して、Currency.comの手数料は良いということになります。

Currency.comは、電信送金とクレジットカード(VISAと 2019年6月13日以降はマスターカードも対応)の両方による入金を受け付けます。クレジットカード入金の最小入金額は、100USD、250BYN、100EUR、または7000RUBのみです。もちろん多くの仮想通貨投資家は、これをとてもポジティブだと考えています。 Currency.comが法定通貨の入金を受け入れることを考えると、この取引所はいわゆる「初級レベルの取引所」として適しており、新規の投資家はエキサイティングな仮想通貨の世界に最初の一歩を踏み出すことができます。

法定通貨または仮想通貨のどちらを入金するかに関係なく、最小デポジットは0.01 BTC(このレビューの最終更新日2020年4月20日⦅コロナ禍真っただ中⦆は約71USD)または0.1 ETH(同日に約18USD)です。

セキュリティの側面について、Currency.comはウェブサイト上で次のことを述べています。

  • 厳選されたスタッフがいて、リモートで機密データであっても、すべての決定プロセスは厳密な承認プロトコルを通過します。
  • 軍事レベルの物理的セキュリティ対策で保護されたサーバーにユーザーデータを保管しています。
  • PGP / GPGは、電子メールの認証、安全なドキュメントアップロードのための個別のシステム、およびクライアント情報と所有株のあらゆる側面の改ざんを防止する最高レベルのグローバル暗号化に使用されています。
  • ベラルーシのHigh Technology Parkからの厳格な調査の対象となります。そしておそらく最も重要です。
  • 常に全額の準備金を維持します。つまり銀行取引は決して発生しません。お客様の資金は、当社の運用口座とは完全に別の銀行口座に保管されており、信用取引であっても、当社のプラットフォームで運用に資金を供給するために借りたり貸したりすることはできません。