BitMart Logo
取引所のレビュー

BitMart

Thank you for rating!
Go to BitMart

取引所の手数料

Bitcoin Logo 0.0005 出金手数料 • 0.25% テイカー手数料 • 0.25% メーカー手数料

入金方法

No Wire transfer Yes Credit Card


サポートしている仮想通貨 (97)

0x Protocol, 1inch Token, Aeternity Coin, Akash Network Coin, ArcBlock and 92 more

仮想通貨取引所ガイドは、そこにあるすべての取引所のレビューを提供して、正しいものを見つけられるようにする必要があります。このBitMartのレビューは、基礎情報、手数料、入金方法、セキュリティの4つのパートで構成されています。

BitMartはケイマン諸島の仮想通貨取引所で、2018年3月に一般向けに利用可能になりました。

BitMartの流動性は本当に印象的です。このレビューの最後の更新時(2020年3月20日、COVID-19クライシスの真っ只中)、BitMartの24時間の取引量は18億USDでした。この金額で、BitMartはCoinmarketcapの24時間取引量が最も多い取引所のリストの24位になりました。言うまでもなく、ここで取引を開始すれば、板の薄い注文書の心配はありません。

多くの取引所では、米国からの投資家を認めていませんが、当社の知る限りでは、BitMartはそういった取引所ではありません。ここでの取引に関心のある米国の投資家は、いずれにせよ、市民権または居住から生じる問題について独自の意見を表明する必要があります。

他の最もリスペクトされる仮想通貨取引所のように、BitMartはモバイルアプリケーションとしてもそのプラットフォームも提供しています。したがって、iPhone、iPad、またはAndroidスマートフォンをお持ちの場合、BitMartで仮想通貨を始めるのにデスクトップは必要ありません。AppStoreまたはGooglePlayからアプリをダウンロードするだけです。

BitMart Mobile Support

すべての取引所は異なるトレーディングビューを持っています。そして、「このオーバービューはベストです」というものはありません。あなた自身に最も合うトレーディングビューを決める必要があります。ビューすべてに共通する傾向は、オーダーブックの少なくとも一部、選んだ仮想通貨の価格表およびオーダー履歴を表示しています。通常、購入ボックスと販売ボックスもあります。取引所を選ぶ前に、トレーディングビューを見て、自分に合っていると感じられるようにしてください。以下がBitMartのトレーディングビューの画像です。

BitMart Trading View

このプラットフォームのもう1つの興味深い機能は、BitMart Lending(貸付)です。BitMart Lendingは、デジタル資産に基づく金融商品です。各プロジェクトには、対応する投資期間と利回りがあります。サブスクリプション後、元本はロックされ、利息は合意された時間に従って計算されます。商品が満期になると、元本と利息のロックが解除され、償還日にユーザーのウォレットに分配されます。

ステーキングは、ブロックチェーンネットワークの運用をサポートするために仮想通貨ウォレットに資金を保持するプロセスです。 保有者は、通常どおりにBitMartにコインを預けて保持するだけで報酬が得られます。BitMartでのステーキングは、ビットコイン、アルゴランド、コスモス、クアンタム、ダッシュの5つの異なる仮想通貨で利用できます。

2020年2月21日、BitMartは先物取引機能を正式にローンチしました。とりわけ、プラットフォーム上で「パーペチュアルスワップ」を提供します。パーペチュアルスワップとは、従来の先物契約に類似し、高いレバレッジを提供できる一種のデリバティブを指します。これは、以下の点で従来の先物契約とは異なります。

納期はありません。パーペチュアル契約には有効期限がないため、ポジション保持期間に制限はありません。

固定のスポット市場があります。原資産価格指数のトラッキングを保証するために、パーペチュアル契約は、その価格が資金調達コストのメカニズムを通じて原資産の価格に従うことを保証します。

リーズナブルな値付けがあります。パーペチュアル契約は、合理的な値付け方法を採用しています。これは、流動性の欠如または市場の操作による強制清算を回避するためです。

自動デレバレッジ(ADL)メカニズムがあります。パーペチュアル契約では、アカウント共有メカニズムの代わりにADLメカニズムを使用します。これは、大きなポジションの強制清算によって引き起こされた損失に対処するためです。

現在、BitMartは、BTC/USDT、ETH/USDT、EOS/USDT、BSV/USDT、LTC/USDT、ETC/USDT、およびXRP/USDTでの先物取引をサポートしています。取引所は現在、ローンチから最初の1か月間、つまり3月末までの割引取引手数料を提供しています。

BitMart Futures Trading Fee Discounts

もちろん、取引手数料は非常に重要です。注文するたびに、取引所では取引手数料がかかります。取引手数料は通常、取引注文の価値のパーセンテージです。この取引所では、テイカーとメーカーに分けられます。テイカーは、オーダーブックから既存の注文を「テイクする」ものであり、メーカーは、受けた注文を「メイクする」ものです。以下に、簡単な例でご説明します。

Ingvarは、1 BTCを10,000USDで購入することを提案しています。そしてJeffは、1 BTCを11,000USDで販売することを提案しています。Billが来て、1 BTCを10,000USDでIngvarに売却した場合、彼はIngvarの注文をオーダーブックから取り除きます。Billはここではテイカーであり、テイカー手数料を支払います。 代わりにBillが1 BTCを10,500USDで売ることを申し出たらどうなりますか? さて、その場合、彼は既存の注文に対応しないオーダーブックを注文します。したがって、彼は流動性のメーカーであったでしょう。誰かがBillから1 BTCを10,500USDで購入することに同意した場合、Billはメーカー手数料(通常はテイカー手数料より少し低い)を請求され、関連するバイヤーはテイカー手数料を請求されます。

BitMartはテイカーとメーカーで手数料を区別していません。代わりに、取引のどちらの側にいるかに関係なく、0.25がかかります。これを「フラット手数料」と呼びます。以下の表に示すように、取引手数料は、取引量とBitMartのネイティブトークンであるBMXの保有量に基づいて減額されます。

Trading fee discount table

この取引所では、BTCを引き出すときに、0.0005BTCの出金手数料がかかります。 この手数料も業界平均を下回っています。

手数料についてまとめると、BitMartは取引手数料と出金手数料に関してはとても競争力があるといえます。

この取引所では、決済カード(VISAおよびMasterCard)を介して仮想通貨を購入できます。これは、入金方法でたくさんの選択肢を必要としている新規の仮想通貨投資家にとって特に助かります。多くの取引所は法定通貨での入金方法をまったく提供していないため、BitMartはカード入金を提供することで、他とは差別化しています。

さらに、BitMartは現在、ユーザーがわずか数ステップで通貨を購入できる4つのチャネルをウェブサイト上で提供しています。BTC、ETH、EOS、XRPなどの人気のあるトークンを、USD、EUR、CNYなどを含むほぼすべての法定通貨で簡単に購入できます。