crypto.games Banner
Published 4 months ago • 0 minute read

仮想通貨ブックメーカーは日本で成功するか?

仮想通貨の世界的な普及と人気が高まり、多数のオンラインギャンブル企業は、決済手段としてさまざまな仮想通貨に対応し始めた。とりわけ仮想通貨市場における主要なプレーヤーである日本をターゲットとしたビットコインカジノを筆頭に、ブックメーカー企業は日本での決済オプションとして仮想通貨の導入に積極的だ。

日本の仮想通貨市場

日本の金融庁の統計によると、日本の仮想通貨トレーダー(投資家)の数は約350万人にのぼり、20代、30代、40代の投資家は、それぞれ全投資家の約28%、34%、22%を占めた。日本における主要な取引仮想通貨としては、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)が挙げられている。国内最大の取引量を誇るビットコインについては、2200万ドル(2014年)から970億ドル以上(2017年)に増加した。

世界の仮想通貨市場の累計取引量を通貨別にした最新データによると、ドル建て(USD)67%に次いで、円建て(JPY)は2位の24%を占め、3位はユーロ建て(EUR)、4位はウォン(KRW)のシェアとなっている。2020年8月のデータによると、日本の大手仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の預かり資産は過去2年間で最高レベルに達し、1,6億円を超過した。この預かり資産増加の直接的な要因としては、リップルやベーシックアテンショントークン(BAT)、ステラルーメン(XLM)など取引できる仮想通貨の種類が増えた点が挙げられている。

Crypto Bookmakers Success

オンラインベッティングにおける仮想通貨の利点

仮想通貨はブックメーカーとユーザーの両方にメリットがある。世界じゅうに顧客を有するグローバルなブックメーカーにとって、仮想通貨は迅速性、経済性、効率性、透明性のどれをとっても他の決済手段に勝る。仮想通貨は仲介業者を必要とせず、ブックメーカーとユーザー間の直接取引を可能にし、余計な手数料を支払う必要もない。

仮想通貨における取引の透明性は議論の余地がなく、従来のオンライン決済でのトラブルを解消し、ブロックチェーン技術が実現した取引の透明性に頼れる。決済における取引額についても、法定通貨や金額上限の枠組みが適用されないことから、規制当局による干渉なしに資金を管理できる。仮想通貨の分散型台帳システムにより、中央集中管理の監視や介入を受けることもない。

仮想通貨対応の日本語ブックメーカー

近年、日本のユーザーを対象としたオンラインカジノやブックメーカーは増加の一途を辿っている。世界各地でのオンラインベッティングの普及に伴い、日本語ブックメーカーやオンラインカジノを利用する日本人も大幅に増加した。ビットコインカジノをはじめとして、仮想通貨での決済に対応した日本語ブックメーカーの数も増えつつある。例えば、22betは、日本語に対応しているだけでなく、25種類の仮想通貨を決済に利用できる。日本に特化したベッティングサイトを展開しているカジ旅では、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインでの決済に対応している。オンラインカジノだけでなく、ビットコインでブックメーカーの野球にも賭けられる。

従来、日本人が海外ブックメーカーを利用する際の難点のひとつに、決済の不便さがあった。国際送金の選択肢が少なく、仲介業者を介するため時間と手間がかかる上、余分な手数料を支払う必要があった。仮想通貨は、日本のユーザーにとってこれらの欠点を解消してくれるまさに救世主である。ビットコインカジノや仮想通貨ブックメーカーが日本で成功する要因は十分ありそうだ。

***

免責事項

この記事に記載されている見解、意見、立場は著者のみのものであり、必ずしもhttps://www.cryptowisser.com/またはhttps://www.cryptowisser.com/に関連する企業や個人のものを表すものではありません。この記事内容の正確性、完全性、または有効性を保証するものではありません。誤り、脱落、表明については責任を負いません。このコンテンツの著作権は著者に帰属します。知的財産権の侵害に関するいかなる責任も著者にあります。

Comments

No comments yet... Start the conversation!