crypto.games Banner
Published 2年前 • 1 minute read

仮想通貨インデックスファンドTOP5

仮想通貨インデックスファンドは、金融の世界で新しい話題となっています。このタイプの投資は、仮想通貨の世界へ簡単に参入できることを表しており、2019年に名声を得ているようです。仮想通貨インデックスファンドを使用すると、仮想通貨コインの独自のポートフォリオの管理とトラッキングを回避でき、さまざまな種類のコインにリスクを分散させることができます。このように、市場のボラティリティでは自分の投資にそれほど影響を与えません。

仮想通貨インデックスファンドとは?

通常のインデックスファンドと仕組みはとても同じです。さまざまな仮想通貨の“盛り合わせ“で構成されるファンドで株式を購入します。次に、ファンドはそのさまざまな仮想通貨にあなたのお金を投資します。インデックスを構築する主な方法は2つあります。価格の高い資産が低い価格の資産よりもインデックスを移動させる価格加重による方法です。そして、時価総額が最大の資産がインデックスに最も影響を与える場所を資本化する方法です。

自分で仮想通貨を取引するのではなく、ファンドに参加すれば、仮想通貨ウォレットを開いたり、コインの価格をトラッキングしたりする必要はありませんこれらはすべて、ファンドマネージャーが行います。ファンドマネージャーはこれを有料で行います。

こちらの記事では、2019年目が離せない仮想通貨インデックスファンドTOP5をご紹介します。

Coinbase

Coinbaseは最初に取引所プラットフォームとして有名になり、最近ではインデックスファンドの提供を開始しました。この仮想通貨インデックスファンドは、ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュライトコインイーサリアムクラシック0xプロトコル、およびBAT(ベーシックアテンショントークン)の7つのデジタル通貨をトラッキングします。予想通り、ビットコインがファンドの75%以上を占め、続いてイーサリアムが約15%を占めています。これは仮想通貨の種類が限られているからです。ただし、通常は時価総額が小さいコインよりもはるかに変動しにくい、高い時価総額のコインに焦点を当てています。

Bit20

Bit20は、これまでに立ち上げられた最初の仮想通貨インデックスファンドの1つであり、CFD(差金決済取引)の形式です。このインデックスファンドは、時価総額別の上位20の仮想通貨で構成されています。ファンドは毎月トップ20を構成する仮想通貨を改訂します。こちらは最も古い仮想通貨ファンドの1つであるため、かなり安定した投資形態です。

Cryptos Fund

Cryptos Fundは、すべてのファンドの中で最も低い管理手数料を提供していると主張しており、その低い手数料の理由は、Cryptocurrencies Index 30のトラッキングです。それは仮想通貨市場の状態の客観的姿を映し出しています。Cryptos Fundで購入すると、投資は仮想通貨の幅広いポートフォリオに分散されます。これにより、ボラティリティからは幾分保護されます。

Bitwise

Bitwise Asset Managementは、上位10の仮想通貨をトラッキングするHold10インデックスを保持しています。このインデックスは、インフレ調整後の時価総額によって加重されます。米国市民と認定投資家のみが参加できます。年間管理費は約3%です。

Iconomi – BLX

このインデックスには、初心者とエキスパートトレーダーの両方が仮想通貨に投資できるようにするツールがあります。BLXは、時価総額でセクターの78%を占めるコインをリスティングしています。シンプルでユーザーフレンドリーな投資オプションを提供し、何に投資すればよいかまだわからない初心者に最適です。

仮想通貨インデックスファンドに関するまとめ

仮想通貨に投資しようとしているなら、仮想通貨インデックスファンドは理想的なオプションかもしれません。仮想通貨インデックスファンドは通常、仮想通貨への直接投資よりもボラティリティが低く、リスクも低くなります。リストにあるこれらの仮想通貨ファンドはそれぞれ異なる特性を持っています。これらの異なる仮想通貨の特性は、さまざまなタイプの投資家に適しています。ただし、リスクから100%安全な投資はないことを覚えておく必要があります。投資をまったく始めたばかりの場合は、投資に取り組む前に専門家に相談することをお勧めします。

***

免責事項

この記事に記載されている見解、意見、立場は著者のみのものであり、必ずしもhttps://www.cryptowisser.com/またはhttps://www.cryptowisser.com/に関連する企業や個人のものを表すものではありません。この記事内容の正確性、完全性、または有効性を保証するものではありません。誤り、脱落、表明については責任を負いません。このコンテンツの著作権は著者に帰属します。知的財産権の侵害に関するいかなる責任も著者にあります。

コメント

まだコメントがありません。会話を始めましょう!