仮想通貨取引所の手数料

Twitter icon  •  Published 5年前  •  Richard Ramberg

この記事では非常に重要なことが書かれています。仮想通貨取引所の手数料についてです。すべての取引所はユーザーから手数料を請求します。つまり、(広告スペースの販売と、取引所でトークンをリストしたいICOチームからのリスト手数料の請求とともに)お金を稼ぐ唯一の方法です。したがって、取引所の存続を望む場合、取引所がある程度の手数料を請求することを受け入れる必要があります。しかし、どれくらいの手数料が妥当ですか?これはもっと難しい質問です。

この記事は、古典的なアクションの時系列順に従って、入金手数料、取引手数料、および出勤手数料の3つの異なる手数料グループに分けられています。取引所は、取引所に資金を預けるときに入金手数料を請求し、取引所で取引を行うときに取引手数料を請求し、利益または損失を持ち帰って取引所から資産を下したいときに出金手数料を請求します。

仮想通貨取引所の手数料-グループ1:入金手数料

仮想通貨取引所の手数料、まず最初のグループは入金手数料です。通常、仮想通貨を入金する際、取引所は手数料をまったく請求しません。ユーザーから仮想通貨を預けることにその取引所が選ばれたことで、まず十分満たされているからです。ただし、法定通貨を入金する場合、ほとんどの場合、入金手数料がかかります。入金手数料の大小は、使用する決済方法によって異なります。銀行振込による入金は通常、対応するクレジットカードまたはデビットカードによる入金よりも低い手数料になります。これは主に、取引所自体が銀行やクレジットカードプロバイダーに特定の支払い処理手数料を支払わなければならないためです。

一部の取引所では、クレジットカードによる入金に対して最大11%の入金手数料を請求します。

Cryptocurrency Exchange Fees Deposit
Image source link: https://www.creditcards.com/credit-card-news/2016-card-fee-survey.php

入金手数料に関して業界平均が明確ではない(11%は極端な例)ため、「この手数料が良い」「この手数料が悪い」とは一概に言えません。 ただし、仮想通貨を入金するだけではない場合は、入金する前に、ご希望の入金方法にかかる手数料を確認することを強くお勧めします。入金手数料はこの辺にしておき、さて!はるかにエキサイティングな手数料:取引手数料に移っていきましょう!

仮想通貨取引所の手数料-グループ2:取引手数料

仮想通貨取引所の手数料、2番目のグループは取引手数料です。すべての取引は、2つの当事者間で発生します。取引前にオーダーブックに注文が存在する人(当事者1)と、注文に一致する(または「テイクする」)注文を行う人(当事者2)です。 当事者1は、実行される注文をメイクするため、「メーカー」と呼びます。当事者2は、メーカーの注文をテイクする(取る)ため、「テイカー」と呼びます。

メーカーの注文は市場の流動性を高めます。テイカーは、メーカーの注文を自分の注文と照合することによってこの流動性を取り除くものです。

通常、テイカーはメーカーよりも高い手数料を支払います。一方、メーカーは市場に流動性を提供するため、割引を受けます。

取引所は、注文額のパーセンテージとして、テイカー手数料とメーカー手数料の両方を請求します。たとえば、テイカー手数料が1%で、あなたがビットコインを100ドルで購入するとします。これは、取引所が手数料を請求した後、あなたは99ドルでビットコインを受け取ることを意味します。

Cryptocurrency Exchange Fees Trading
Image source link: http://tokenlion.net/blog/post/178/11-top-reasons-for-business-to-accept-cryptocurrency

仮想通貨取引手数料の平均は?

テイカーに対する世界的な業界平均手数料はいくらか、気になるかもしれません。そして、メーカー手数料の世界的な業界平均はいくらか。一般的に、一元化された仮想通貨間の取引でのテイカー手数料の業界平均は0.25%であるといわれています。一部の取引所がメーカーに割引を提供しているため、メーカー手数料に関係する業界平均はそれよりわずかに低く、約0.20%です。

20201012日更新:この記事が最初に書かれてから18か月以上経った今日、当社は大規模な実証研究を実施して、実際に平均手数料を構成するものについての問いにお応えします。その研究はこちらで公開されています。その答えは、テイカー手数料が0.213%、メーカー手数料が0.16%です。

業界平均よりもはるかに良いまたははるかに悪い極端な異常値もあります。たとえば、世界の7つの取引所は、実際に取引を行うのをサポートするために、逆にメーカーへ支払いを行います。

  1. Crex24 (エストニア)
  2. Liquid (シンガポール)
  3. Bybit (英領バージン諸島)
  4. HitBTC (デンマーク)
  5. Delta Exchange (セントビンセントおよびグレナディーン諸島:この国についてはこちら
  6. Cryptox(ポーランド)
  7. Gopax(韓国)

それとは対照的には、本当の「泥棒」のような取引所もあります。法外な取引手数料を請求する取引所です。当社が知っている最悪な取引所はロシアのCash2PMです。Cash2PMの取引手数料は20%です。これは業界平均の約100倍です。言うまでもなく、これはばかばかしいほど高額です。この手数料は確実にぼったくりで、このサービスを利用するくらいなら芝生を食べた方がいいと思います。一人一人が自分で選択をしていくことが許されています。

取引所を簡単に比較し、そのランク順に並べ替えるには、当社のCryptocurrency Exchange Listを使ってください。360以上のすべての取引所の手数料に関する情報を含む世界最大のリストです。

フラット手数料

もう1つの非常に一般的な手数料モデルは、フラット手数料モデルと呼ばれるものです。「フラット手数料」のある取引所では、テイカーとメーカーの間では手数料が同じです。オーダーブックから既存の注文をピックアップすることを好む(したがってテイカーになる)投資家にとって、これは魅力的な取引手数料モデルである可能性があるかもしれません。

フラット手数料はBinanceHuobiなどたくさんの取引所で使われています。

また、多くの取引所では、取引量が増えると取引手数料が値引きされることに注意してください。つまり、より多くのボリュームで取引するように動機付けられます。したがって、ハイローラーのトレーダーの場合、さまざまな取引所のそれぞれのウェブサイトに記載されている手数料は、取引時に実際支払う必要のある手数料よりも少し高い可能性があります。

取引所トークン

独自の仮想通貨を発行している特定の取引所もあります。(このスクリプトを書いた日時点で)に時価総額に関して、最大のものは次のとおりです。

  1. Binance Token(世界で最も価値のある仮想通貨14位)
  2. KuCoin Token(63位)
  3. Huobi Token(73位)
  4. Qash(Quoine Token75位)

ここで言及されているものはトークンによります。仮想使取引所の独自トークンを保持することによって得られる利点はズバリ何なのか。通常ですが、そのような取引所で取引するときに取引手数料の割引を受けるか、定期的に配当金の支払いに相当するものを受け取ります。

仮想通貨取引所の手数料-グループ3:出金手数料

取引所の手数料に関する3番目の最後のグループは出金手数料です。しばらくの間取引所で取引していて、まともな利益を上げていて、何らかの理由で資金を引き出す必要があるとしましょう。何か支払いが発生するか、資産を別のウォレットまたは別の取引所に移動したいだけです。そんな時、取引所は通常、出金手数料を請求します。

固定出金手数料

出金手数料は通常、出金金額の大きさに関係なく、一定の水準に固定されています。したがって、BTCを引き出す場合、1,000BTCを引き出す時も1BTCを引き出す時も同じ手数料がかかります。この背後にある理論的根拠は、BTCの背後にあるブロックチェーンネットワークによって請求されるネットワーク手数料があり、そのネットワーク手数料は「BTCごとの手数料」ではなく「トランザクションごとの手数料」であるということです。

多くの取引所は、ネットワーク手数料、つまり特定のブロックチェーン上のすべてのトランザクションで発生する必須手数料のみを請求します。これは消費者に優しいです。ただし、仮想通貨取引所による出金手数料に関しては、消費者の使いやすさが1段階高くなります。それは、取引所が実際にネットワーク手数料を支払う場合です。その結果、引き出し手数料は0.00%になります。 れは消費者にとって非常に競争力があります。

仮想通貨出金手数料の平均は?

平均的な固定出金手数料を実際に構成するものについての実証研究は、世界で1つだけです。ここCryptowisserで当社が行ったその調査によると、BTCの固定出金手数料を請求する218の異なる取引所を調べた後、世界の業界平均出金手数料は0.000812BTCであると結論付けました。

2020922日更新:Cryptowisser.com20206月)が行った新しい実証研究によると、今回は400以上の異なる取引所が含まれ、出金手数料の平均は以前よりも低く、現在は出金一回あたり約0.00061BTCであると結論付けました。

パーセントベースの出金手数料

最後に、パーセントベースの出金手数料を請求する取引所もあります。当社のCryptocurrency Exchange Listにリストされている360以上の取引所のうち、パーセントベースの出金手数料があるのは以下の14箇所のみです(低い順)。SouthXchange(0.04%)、Digax(0.10%)、BitINKA(0.15%)、RippleFox (0.20%)、DOBI Trade(0.30%)、ChaoEx(0.50%)、OOOBTC(0.50%)、BCEX(0.50%)、iCE3X(0.50%)LEOxChange(1.00%)、Trustdex(1.00%)

パーセントベースの出金手数料モデルでは、少量を引き出すときには有益です。0.01 BTCを引き出し、出金手数料が0.50%の場合、出金手数料は0.00005 BTC(非常に低い)になります。ただし、10 BTCを引き出すと、出金手数料は0.05 BTC(非常に高い)になります。この出金手数料モデルがあなた自身の取引に適しているかどうかを検討する必要があります。

まとめ

結論として、特定の取引所での手数料オファーを評価するときは、全体としての手数料を評価する必要があります。取引手数料は安いですが、出金手数料は極端に高くないか? 取引所は無料出金を提供していますが、取引手数料がとんでもなく高くないか?それらすべてを考慮に入れる必要があります。そのような際は、CryptowisserのCryptocurrency Exchange Listをお役立てください。

グッドラック!

Next article Solana-based DeFi Protocol Solend Rebrands to Save.Finance

Author

Richard Ramberg