Uniswap Logo
取引所のレビュー

Uniswap


取引所の手数料

BTC 出金手数料 0.000047 テイカー手数料 0.30% メーカー手数料 0.30%

入金方法

No Wire Transfer No Credit Card


Uniswapは自動化されたトークン取引所で、イーサリアムブロックチェーンに基づいており、2018年にローンチされました。Uniswapの母国はアメリカ合衆国です。米国は、多くの点で仮想通貨の発祥地の1つであり、米国発の取引所は他にもいくつかあります。

プラットフォームが米国発のものであるため、米国の投資家は当然ここで取引することが許可されています。 ただし、米国の投資家は、居住または市民権から生じる問題について独自の評価を行う必要があります。 最悪のシナリオでは、州法により、希望する場所での取引が禁止されている場合があります。

以下の画像はUniswapを説明したものです。

Uniswap Picture

このプラットフォームのもう1つの利点は、多数の仮想通貨もサポートしていることです。 スワップは、ETHまたはXRPとBTCとの取引に限定されません。たくさんのアルトコインを交換できます。

すべての取引所は異なるトレーディングビューを持っています。そして、「このオーバービューはベストです」というものはありません。あなた自身に最も合うトレーディングビューを決める必要があります。ビューすべてに共通する傾向は、オーダーブックの少なくとも一部、選んだ仮想通貨の価格表およびオーダー履歴を表示しています。通常、購入ボックスと販売ボックスもあります。取引所を選ぶ前に、トレーディングビューを見て、自分に合っていると感じられるようにしてください。

この取引所では、それ自体は実際には「トレーディングビュー」ではありません。 むしろ、それはスワップインターフェイスで、とてもシンプルです。 ウォレットに接続し、どのトークンを他のどのトークンと交換するかを選択し、実行するだけです。 このプロセスをどのように合理化できたのか想像がつきません。 以下は、Uniswapのスワップ画面の写真です。

Uniswap Purchase Interface

多くの取引所は、テイカーからのテイカー手数料と呼ばれるもの、およびメーカーからのメーカー手数料と呼ばれるものを請求します。これに対して主な代わりとなるのは、シンプルに「フラット」手数料です。フラット手数料とは、取引所がテイカーとメーカーに同額の手数料を請求することです。

この取引所は、取引ごとに0.30%のフラット手数料がかかります。これは世界の業界平均(おそらく0.25%)をわずかに上回っています。したがって、取引手数料に関しては、Uniswapにはちゃんとしたサービスがあります。

取引所の中には、少ない取引手数料を課しながらも出金手数料を逆に高く設定しているところがあります。一度入りこんだら、出金手数料を払わないと出られないからです。 ただし、この取引所はそれとは反対側にあります。ここではトランザクションを実行するときにのみネットワーク手数料を請求します。世界の業界のBTC出金手数料は、引き出しごとに0.000812BTCです。ネットワーク手数料は日々異なりますが、世界の業界平均のBTC出金手数料の約15〜20%です。

つまり、出金手数料に関しては、こちらの取引所は競争力があるということになります。

Uniswapは、法定通貨での入金は受け付けません。これは、新規の仮想通貨投資家(つまり、仮想通貨を保有していない投資家)はここで取引できないことを意味します。 初めての仮想通貨を購入するには、いわゆる初級レベルの取引所が必要です。これは、法定通貨での入金を受け入れる取引所です。 当社のExchange Finderを使用して見つけてください!