Hoo Exchange Logo
取引所のレビュー

Hoo Exchange


取引所の手数料

BTC 出金手数料 0.000047 テイカー手数料 0.10% メーカー手数料 0.10%

入金方法

Yes Wire Transfer No Credit Card


Hoo Exchangeは香港が本拠地の仮想通貨取引所です。2018年5月から運営されています。

ChainceやOAXといった取引所を耳にしたことがある人もいるかもれません。これらは実際には、Hoo Exchangeの親会社であるHufu Technologiesによって買収され、Hoo Exchangeに統合されました。

このレビューを最初に書いた日(2020年8月7日)に、このプラットフォームはウェブサイトで、212の異なる仮想通貨をサポートしていると述べました。これは、よりエキゾチックなアルトコインがたくさんここでもサポートされていることを意味しています。もちろん、同じコインにも二面性があります。ポジティブなことに、サポートされている仮想通貨の数が多いということは、最もエキゾチックなアルトコイントレーダーでさえこのプラットフォームを使えば、特定の取引ニーズすべてに応えるために他の取引所を探す必要がないということです。 ただし、逆に言えば、ここで取引できてしまう詐欺コインが増える可能性があることも意味します。サポートされている仮想通貨の数が少ない取引所は、通常、より大きなプロジェクトのみをサポートしますこれらのプロジェクトはすべて、多数のデューデリジェンスプロセスの対象であり、ほとんどの場合、適切に審査されています。新しく発売されたアルトコインは、同じ審査の対象ではありませんでした。

同日、このプラットフォームは、24時間の取引量が約6億1500万USD(正確には、6億1517万USD)であると述べました。この取引量は確認できていませんが、正しければ非常に印象的な取引量であり、このプラットフォームのユーザーは流動性に関しては心配無用であることを示しています。

多くの仮想通貨トレーダーにとって、デスクトップ環境がトレーディングにとって最適なコンディションです。パソコンの画面が大きく、またその画面が大きいほど、トレーダーが取引の決めるのに必要な情報をより多く表示できるのです。トレーディングチャートの表示もより簡単になるでしょう。ですが、すべての仮想通貨投資家がデスクトップでのトレードを必要としているわけではありません。携帯から行いたい人も一部います。もしあなたがそういったトレーダーならば、Hoo Exchangeの取引プラットフォームもモバイルと互換性があることを知っていただけると幸いです。AppStoreやGoogle Playからダウンロードすることができます。

Hoo Exchange Mobile Support

Hoo Exchangeは、ユーザーにレバレッジ取引も提供しています。当社が知る限り、それらはパーペチュアル:永久(つまり、有効期限のない先物)のみを提供します。 パーペチュアル取引の最大レバレッジレベルは10倍(つまり、関連する金額の10倍)です。

レバレッジ取引を考えている人には、ひと言注意していた方が良いでしょう。レバレッジ取引は、とても大きなリターンがある一方で、同じくロスもとても大きいのです。

たとえば、取引アカウントに10,000 USDがあり、BTCが思惑買い(つまり、価値が上がる)場合に100 USDをベットしているとします。レバレッジ100倍で行います。BTCの価値が10%増加した場合、100USDしかベットしていなかった場合、10USDを獲得します。100倍のレバレッジで100USDをベットすると、さらに1,000USD(レバレッジしなかった場合よりも+990USD)を稼ぐことになるのです。ただ一方で、BTCの価値が10%値下がりすると、1,000USD(レバレッジしなかった場合よりも+990USD)逆に損してしまいます。よってご想像の通り、リターンは大きいですが、ロスも大きい可能性があるのです。

すべての取引所は異なるトレーディングビューを持っています。そして、「このオーバービューはベストです」というものはありません。あなた自身に最も合うトレーディングビューを決める必要があります。ビューすべてに共通する傾向は、オーダーブックの少なくとも一部、選んだ仮想通貨の価格表およびオーダー履歴を表示しています。通常、購入ボックスと販売ボックスもあります。取引所を選ぶ前に、トレーディングビューを見て、自分に合っていると感じられるようにしてください。以下がHoo Exchangeのトレーディングビューの画像です。

Hoo Exchange Trading View

どのトレーディングビューがふさわしいかを決めるのは自分しかいません。最後に、通常、設定を変更して、自分の好みに合わせてトレーディングビューを調整する方法はたくさんあります。

あなたが特定の仮想通貨を大量に保有しているとしましょう。その量を売りたいとして、他のみんなと同じように通常の取引プラットフォームでそれをするべきでしょうか?そうでないかもしれません。通常のマーケットプレイス外で大規模な取引を実行する多くの理由の1つは、大規模な取引をすると関連する仮想通貨の市場価格に影響を与える可能性があるからです。上記に関連する別の理由は、オーダーブックが薄すぎて関連する取引を実行できない可能性があることです。これらの問題の解決策は、OTC取引(Over The Counter:店頭)と呼ばれるものです。

Hoo ExchangeではOTC取引を行っています。これはすべて「クジラ(Whales)」や「イルカ(Dolphines)」には役に立つかもしれません。

なぜこれほど多くの取引所が米国市民に口座開設を許可しないのか? 答えはたった3文字です。 S、E、C(証券取引委員会)。 SECが非常に恐ろしい理由は、外国企業が米国に(SECに)登録されていない限り、米国が外国企業に米国投資家を勧誘することを許可していないためです。とにかく外国企業が米国の投資家を勧誘した場合、SECはこの会社を訴えることができます。SECが仮想通貨取引所を訴えた例はたくさんありますが、その1つは、未登録の取引所を運営しているとしてEtherDeltaを訴えた場合です。別の例は、ステーブルコインTether(USDT)が投資家を誤解させているとし、Bitfinexを訴えたときでした。 こういったケースがもっと続く可能性が非常に高いです。

Hoo Exchangeが米国の投資家を許可するかどうかは不明です。同社の利用規約を読みましたが、米国の投資家をはっきりと禁止した記述は見つかりませんでした ただし、米国の投資家には、Hoo Exchangeでの取引の許容性について独自の意見を表明することをお勧めします。

注文するたびに、取引所から取引手数料が課金されます。取引手数料は通常、取引注文の金額のパーセンテージです。多くのの取引所では、テイカーメーカーに分けられます。テイカーは、オーダーブックから既存のオーダーを「テイク」する人です。メーカーは、注文書に注文を追加し、それによってプラットフォームで流動性を生み出すものです。

Hoo Exchangeでは、フラット手数料と呼ばれる手数料がかかります。つまり、テイカーとメーカーの両方が同じ手数料(0.20%)を支払います。このテイカー手数料は、集中型取引所の世界の業界平均をやや上回っています。確かに、業界平均は、従来は約0.20〜0.25%でしたが、新しい業界平均は約0.10%〜0.15%になりました。

Hoo Exchangeでは、VIP顧客に取引手数料の割引も提供しています。ポイントを獲得することでVIP顧客になります。一定の取引量を達成するか、プラットフォームでアカウントを作成する多数の友達を招待することで、ポイントを獲得します 詳細については、Hoo Exchangeのウェブサイトを参照してください。利用可能な取引手数料の割引は次のとおりです。

Hoo Exchange Trading Fee Discounts

当社の理解では、プラットフォームでアカウントから仮想通貨を引き出すときに、Hoo Exchangeは独自の手数料を請求しません。したがって、引き出しの際に考慮しなければならない手数料はネットワーク手数料のみです。ネットワーク手数料は、関連する仮想通貨/ブロックチェーンのマイナーに支払われる手数料であり、取引所自体に支払われる手数料ではありません。ネットワーク手数料は、ネットワークの圧に応じて日々異なります。ただし、一般的に、仮想通貨の出金手数料水準に関しては、ネットワーク手数料のみの請求だということで、世界の業界平均を下回っていると見なすべきです。

プラットフォームに仮想通貨を入金することに加えて、Hoo Exchangeでは法定通貨入金もできます。ただし、電信送金のみ(クレジットカードやデビットカードは不可)です。このプラットフォームでは法定通貨での入金が可能であるため、「初級レベルの取引所」として適しており、新規の仮想通貨投資家がワクワクする仮想通貨の世界への旅をスタートできる取引所となっています。