Published 4 months ago • 1 minute read

2021年下半期の暗号のトップトレンド

ご存知の通り、暗号資産市場は非常にダイナミックで変動が激しいものです。ゲームではなく、どの資産が一番パフォーマンスが高いのかを予測して示すことが難しいとは知らずに、大当たりを狙って投資する人もいます。「ジャックポット·シティ(Jackpot City)」のオンラインカジノでは、大当たりするチャンスがあり楽しめます。実際、オンラインカジノゲームには伝統的なものや新しいものがあり、スロット、ポーカー、ブラックジャックテーブルなどでジャックポットの獲得が狙えます。現時点では、仮想通貨での支払いは受け付けていませんが、安全な支払い方法を提供しているので、安全に容易に賭け金を支払ったり儲かった金額を受け取ることができます。ここでは、仮想通貨の最新トレンドをご紹介します。投資するかどうかの判断材料にしてください。

中国が暗号化に参入

中国はデジタル人民元を普及する準備をしており、世界第ニ位の経済大国がフィンテックを取り入れる最初の国になります。仮想通貨のマイニングを中国が禁止したり、資産クラスを取り締まったりすることで、2021年の最高値から価格が半分以上、という売れ行きにつながりました。通貨の革命が起こっている最中なのです。作成された各デジタル人民元は、その最期まで追跡されます。計画された支出の話にも触れましょう。例えば、危機が起こると人々が消費する必要があるため、この人民元の流通を促進する必要がある、と国が判断すると、『あなたはこんなに多額の人民元を持っていますが、この日付になると期限切れになりますよ。』と国が発言することができるようになります。

主要な仮想通貨は、ここ数週間厳しい調整を受けている

価格は最近の安値から反発していますが、2つの主要な仮想通貨であるビットコインとイーサリアムの動向は、4月中旬から5月中旬にかけて弱くなっています。この下落のせいで、この資産クラスで遅れをとっている人々は自信を失ってしまったかもしれません。しかし、多くの人は、これをビットコイン、イーサリアム、その他10,700以上の仮想通貨の多くを貯める機会だと捉えています。建て玉の減少は、主要な仮想通貨の長期清算の兆候です。多くの投資家やトレーダーは、価格が修正されると、リスクポジションの出口へと向かいました。一方、他の多くの仮想通貨は、リーダーとともに下落しました。しかし、拡大するアドレシング可能な市場は、ビットコインやイーサリアムと同様のリターンを提供する次のトークンを探し続けています。

リスクについての注意喚起

52位、53位と、それぞれ暗号をリードしている注目すべき暗号、GRTHBARは、トレーダーや投資家にとっては批判の標的となっています。15億ドルを超える時価総額により、暗号は資産クラスの上位に位置付けられています。暗号資産クラスの投資家やトレーダーは、失っても構わないと思えるだけの資本金を投資すべきです。政府が突然この資産クラスを禁止したり、ハッキングされたり、その他多くの要因によって、資本金を完全に失ってしまうことも有り得ます。

Comments

No comments yet... Start the conversation!